誰にもなる可能性がある歯周病!注意点は?

早期発見ができるよう定期健診を受けるべし

歯周病は日本人なら、ほとんどの人が程度の差こそあれ羅患していると言われています。成人の八割が歯周病であるという驚くべきデータも出されています。そんな歯周病の注意点としては、まずは早期発見ができるようにしておくべきだということに尽きます。 歯周病は自覚症状がないというのが最も恐ろしいところで、知らない間に悪化していってしまいます。ですから、歯に問題がないと思っている人も、定期的に歯科医院に通って検査だけはしてもらいましょう。そうすることで、万が一歯周病になったとしても早期発見ができ、治療も比較的簡単なもので済むようになります。発見して早めに対応ができれば、症状の進行を食い止めることができ、健康な歯を失わなくてもよくなります。

歯周病菌を移さないよう子供とのキスは控えて

小さい子供がいる家庭なら、歯周病になったらキスは控えるようにしたほうがいいでしょう。なぜなら、歯周病というのは感染症の一種ですから、菌が子供の健康な口内にまで移ってしまう可能性が高いからです。 子供の口内はとても柔らかく、歯周病菌が移ってしまうと大変なことになりがちです。早いうちから悪い菌を口の中に持ってしまうと、将来歯を失う可能性がぐんと高くなります。ですから、とにかく口を接触させないよう気をつけておかなくてはいけません。 普通に話をする分には問題がありませんが、子供がある程度の年齢になって、各種抵抗を身につけてからキスをするようにしましょう。キスをしないということは、現在では小さい子供がいる家庭の基本的な注意事項になっています。