効果的な歯周病予防の方法

歯周病予防は毎日のブラッシングが基本

どの歯科医院に行っても、歯周病予防の基本はブラッシングであると言われるはずです。歯科医院では、歯のクリーニングをしたあとに、効果的なブラッシングの方法を指導してくれます。きちんと磨き残しがないかどうか確認をしながら、口内環境をきれいに維持できるテクニックを身につけなくてはいけません。 多くの人は適当に歯を磨いているだけなので、多くの磨き残しが発生しています。その磨き残しの部分から歯周病は進行していきます。原理としては、磨き残しがなくなれば、歯周病の進行は食い止められるはずなのです。ですから、ブラッシングにかける時間は多めにとって、絶対に磨き残しが出ないように気をつけて手を動かさなくてはなりません。

間食を減らすと歯周病予防につながる

歯周病の原因は食べ残しです。歯の間に詰まった食べ物のかすが雑菌を繁殖させて、その雑菌が歯茎を溶かしていってしまうわけです。ですから、とにかく口の中に雑菌を繁殖させないことが歯周病予防の一番の対策となります。 雑菌はもちろん、食べ物の残りカスがあれば発生しやすいです。ですから、日中はあまり食べ物を口にしない方がいいです。食事時以外の時間に食べ物を食べても、多くの人が歯を磨きません。そうすると、歯の間に食べ物のかすがついている時間が長くなってしまいます。歯周病はそういった状況の口内で進行しますから、とにかく歯磨きができない状況でむやみに間食するのはやめましょう。可能な限り食事の回数は一日三回に近づけるのが理想的です。