いろいろある歯周病の治療法

ほぼ最初に行われる基本的な治療法

まずどんな状況でも最初に行われる治療が『歯周基本治療』です。これは歯周病の原因である歯垢の除去をし、歯垢の付きにくい歯に調整するものです。ちなみにこの歯垢除去のことを『プラークコントロール』というのですが、このプラークコントロール、基本的には自分で行うことになります。ひどい場合にはスケーリングと言って歯の表面についている歯垢を機器で取ることもあります。 ある程度歯周病が進行していると歯のグラつきが生じ、その歯に衝撃を与えるとひどくなるので、それを無くさないといけません。基本的に動かないよう隣接している歯と接着剤でくっつけることによってぐらつきを抑えます。 こういった基本治療が行われ、改善が見られれば定期検診、ひどくなった場合には違った方法が行われるようになるのです。

注目されている口をゆすぐだけの治療法

歯の治療は、基本治療を行いひどい場合には外科治療を行うのが基本です。しかし最近では口をゆすぐだけで歯周病を抑える口腔機能水が開発されました。 歯周病の原因は歯垢で、そこからはせいする虫歯菌や歯周病菌が進行を早めます。そのため、そういった菌を完全に溶菌することで歯周病の改善は見られるのです。 こういった点から最近ではその菌に対して絶大的な効果を持つ機能水が開発されました。これは人体には害は少なく、虫歯菌や歯周病菌だけを溶かす役割があります。これが導入されてからは数秒口でゆすぐだけで歯周病が改善される方法が現れました。今では基本治療と共に導入され、また他の菌も除菌してくれるので、風邪予防などにも注目されている治療方法の1つです。